takico* life
結婚で転勤族の嫁、いわゆる転妻に。
生まれ育った愛知から横浜→福井→千葉、そして2015年3月故郷愛知に転勤。
「海の幸」「畑の幸」に恵まれたここ愛知で思う存分楽しみたいと思います♪

calendar : entries : comment : category : archives : another takico* : profile : others
GW 〜花より団子編〜 * * * 2013.05.07 Tuesday
 



引っ越してきて思いがけず、都内特に日本橋をうろうろする機会が増えたので、寄ってみました。
日本橋三越に入店している、cuocaさん。
柏の葉に目がとまったので、今年は柏餅を作ろうと。

自宅で沢山作っても食べきれないので、GWの帰省に合わせ材料持参。
季節柄既製品を購入するとちょっとお高めですが、作ると楽しいしお得感。

白玉粉を入れたので時間が経っても、柔らかもちもちに。
母といつも仲良くしてくださるお隣さんにもお裾分け。



実家のななちゃん(メス13歳)が終始、下からねつらってました(笑)

     



運転に疲れ果てた夫・kantaくんがお昼寝中、母とお茶を飲みながら女子トーク。

帰省すれば、二人であれこれ話ができることに、
私が女子で生まれてきて良かったと思うひとつでもあります。
男の子じゃ、なかなか母の話相手にはなれないですものね。

もう随分前から我が家にあった、和菓子用のお皿。
今更ながら、魅力を感じてしまいました。

聞けば、祖母から譲り受けたものだとか。
長女である母の姉と暮らしていた祖母が、なぜこのような品を持っていて、
なぜ母に譲ったのか他界した今となっては謎のままですが、祖母から母へ、母から私へと。
譲り受けました。



舟和の芋ようかんで。


更に話は尽きません。



  
 にほんブログ村 主婦日記ブログ 転勤族の主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 料理ブログ ル・クルーゼ料理へ 





マクロビフルーツタルト * * * 2012.09.20 Thursday
 



マクロビ仕様のフルーツタルトを習ってきました。
体に優しいこだわり食材ばかりで作ってあるから、重くない。

マクロビって聞くだけで、味はどうなん?って敬遠されがちなんだけど、
今やマクロビ料理の開拓・進歩って素晴らしいな、と思ってもらえるはず、きっと。
それでも、
『やっぱり、だめ〜』
っていう人もいらっしゃると思うけど。。。
私は福井でとてもいい先生に巡り会えたので、ラッキーだったのかもしれません。

特にスイーツは白砂糖を使うことが多いので、
血糖値の上昇が急激過ぎて、体の中は結構負担がかかってます。
でも少し素材を代えてあげるだけで、とっても素朴で優しい。



タルト生地には小麦粉と、癖のない雑穀のあわ粉をブレンド。
バターの代わりに良質な菜種油。
ちょっとしたコツを教えてもらったら、案外タルト生地は簡単。

フィリングはひえ粉とリンゴジュースで。
合わせて鍋で火にかけると、とろろん→ぷるるんなフィリングに変身。あら不思議。

季節のフルーツ(無花果・梨・ブルーベリー)をのせ、
仕上げのナパージュは寒天とリンゴジュースで作りました。


ミントは我が家のかなこ(ベランダにあるミントには名前あり)


暫くこんなことはなかったんだけど・・・。

夫・kantaくんが最近、毎食後にじんましん発生。
きっと食べ物の何か。
ふたりで何が原因か分析するんだけど、それがイマイチよくわからない。
引き起こしているのは疲れがたまっているからか、季節の変わり目だからか。

でもこのタルトは大丈夫でした。
やっぱりな。
体は正直。
特にフィリングはかなりお好みだったよう。

嫁としては、私の料理でアレルギー反応が出るととても複雑。
なんなら完全マクロビ的なお料理にしてもいいんだけど、
kantaくん的にそれで満足できるか紙一重。
上手に組み合わせる努力はしてはいるんだけどね。
今後の課題、今後も課題。

安心で美味しいもの、これからも沢山学びたいな。


<補足>
       粟(あわ)
              ビタミンB群・鉄分・ミネラル・食物繊維を多く含む雑穀。
               パンに混ぜて焼くとふんわり膨らむ。
               火を通すと、とろっとする性質があるのでクリームソース・チーズ代わりに使っても。
               パン・クッキー・餅(小麦粉・米粉)に少しブレンドして使うといい。

   稗(ひえ)
       食物繊維・マグネシウム・鉄分を含む雑穀。
       体を温めてくれる優秀な雑穀で、冷え症の方にはお勧め。


               



     タルト、私も大好き〜って、最後に押してくれるととても嬉しいな。                   
 にほんブログ村 料理ブログ ル・クルーゼ料理へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 転勤族の主婦へ  
     いつも、ポチッとしてくれてありがとう(^^♪





  



お片づけと豆乳焼きドーナッツ * * * 2012.07.23 Monday
 



一昔前。
焼きドーナッツが流行った頃だったか。
ついつい買ってしまったドーナッツ焼型つきムック本。
なのに、一度も使わずお蔵入り。

最近読んだ中川ちえさんの本、

に影響され、少しずつ無駄なモノは片付けて丁寧な暮らしを目指して。
いや、根本的に人間性からたたき直さないといけないけれども。

ドーナッツの焼型もどうしようかと思ったけど、やっぱり捨てきれず。
あらら、やっぱり逆戻り?
じゃあ、作らなきゃねと。

昨年秋から春に瓶詰めにしておいたあれやこれやの中から、
八朔ピールベリー系のコンフィチュールを混ぜ込んで。



焼きドーナッツって実際食べるのは初めてかも。
卵も入れなかったし油分が少ないから何だかヘルシーな感じがするけど、
バターが醸し出す風味やしっとり感を求めるならちょっと違うのね。
それならドーナッツ型のフィナンシェとかパウンド系になっちゃうか。
私は食べた後ずっしりこなくて軽い感じで好きかも。
それが『焼きドーナッツ』というお菓子なのかな?

それでいて、こんな地味なお菓子ばかりを作る私にも喜んでくれるシンクロお友達がいて。

またもやお嫁入り




    最後に押してくれるととても嬉しいな。                   
 にほんブログ村 料理ブログ ル・クルーゼ料理へ   にほんブログ村 主婦日記ブログ 転勤族の主婦へ  
    いつも、ありがとう(^^♪






バースデーのクールダウンスイーツ * * * 2012.06.22 Friday
 



この季節、毎年夫の実家から立派なさくらんぼが届きます。
高価な佐藤錦、嬉しい贈り物。
一粒一粒味わって頂いてます。
ご馳走さま

                           

6月21日は夫kantaくんのバースデー。
夏至生まれのkantaくんは、じめじめっとした性格というより、
真夏のような暑い熱い男。

仕事に対する思いはこれまた熱く、お誕生日の夜も熱かった。
私は同じ会社に勤めていたので、話の内容も状況も手に取れるように理解できるし、
kantaくんの思いも痛いぐらいによく分かる。


                      お誕生日の夜にはちょっと力不足な晩ごはんで忍びない・・・

ふむふむと話を聞きながら、夫の熱をクールダウンさせるのも妻の役目。
大人だから、私

真剣に向き合っているからこそ、熱くなるんだものね。



本当なら、一年で一度のこの日。
ケーキを用意しなきゃいけなかったんだけど、
年始70キロ⇒2ヶ月で59キロまで減量⇒現在65キロまでリバウンド
のこの状況、本人も毎日体重計に乗り気にしているので、
ひんやりスイーツにしました。



マンゴーピューレとパンナコッタの2層ゼリー。
頂いた佐藤錦とベランダの摘みたてミントを飾って。
瑞々しく、さっぱりと。
ご飯よりこっちに力を注いでしまった私・・・。

機関銃のように熱く語っていたkantaくんも、
お喋りの合間に、
『美味しい、これ美味しい』
ワードが何度か挟まれていたので、聞き逃さなかった。(笑)
どんなに熱くなっていても、味覚には響いたらしい。

幻覚か、kantaくんの頭から湯気が見えたような。
体温上昇していたkantaくんには丁度よかったかな?



クールダウンか。
それとも焼け石に水、か。





           最後に押してくれるととても嬉しいな。
                    ↓
 にほんブログ村 料理ブログ ル・クルーゼ料理へ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 転勤族の主婦へ
              いつも、ありがとう(^^♪













1/7 >>